目指せ 中小企業診断士

目指せ 中小企業診断士

中小企業診断士になるには必ず国家試験をパスしなければなりません。
国家資格と聞いてお堅い、難しいイメージをもたれる方も多いと思いますが、ちゃんと自分にあった勉強方法を見つけ、独自の試験制度を理解し有効に利用すれば、簡単にとまではいきませんが合格可能な試験です。
では、その自分にあった勉強方法とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

勉強方法

通信講座
まずは、通信講座にて勉強する方法です。通信講座の利点は上記の独学同様、空き時間の有効利用によって学習できる点です。但し、大半の通信講座は受講期限が設けられている分、多少の時間制限はあるので注意が必要です。また、ご自身にて時間管理をしなければならないので、強い意思と根気を求められることになります。
通信講座で中小企業診断士を目指す方はこちら

通学講座・スクール
次に、専門スクールに通う方法です。数ある勉強方法の中で一番お金がかかりますが、疑問点等をすぐに専門家である講師の方々に質問できる点や、スクールには同じ目的意識を持った方々が集まっている為、自己啓発になるという意味ではかなり良い方法です。しかし、働きながら資格取得を目指す方々にとっては、スクールに通う時間そのものを作る事が困難な場合がある事が欠点です。中小企業診断士の試験には1次と2次試験がありますが、スクールによっては特に2次試験に力を入れて教えている学校等もある為、事前にご自分の弱点を分析し、ご自身に合ったスクール選びをする事も大切です。
通学講座・学校で中小企業診断士を目指す方は

独学で勉強
最後は本や参考書を購入し、独学にて勉強する方法です。独学のメリットは何と言っても空いている時間を利用し自分のペースで勉強を進める事ができる点です。また、金銭面でも最も節約可能な勉強方法であるといえます。
一方でデメリットもあります。何か疑問が生じた時にはご自身にて解決するか、もしくは周りの有識者に質問後、解決しなければならない為、その点に置いては時間と手間が掛かります。

ご自身の生活環境や性格を見極め、自分にあった勉強方法を見つけ出す事が、合格への近道となる事でしょう。

通信講座で中小企業診断士を目指す方はこちら

通学講座・学校で中小企業診断士を目指す方は